病院で眼精疲労を治療

眼精疲労を眼科で治療する際、その病院によって治療方法が異なりますが、ここでは一般的な治療方法をご紹介します。

まず、目に溜まっている汚れを落としてキレイにします。

次に緊張している目の周りの筋肉を解すためにアイパックなどをして温めていきます。

温めることで目の周りの筋肉の緊張が解れ、リラックスした状態にしてくれます。

温めたら次は筋肉を引き締めるために目の周りを冷やします。

そうすることで血行を良くし目の周りの循環をよくしてくれます。

最後に点眼薬が処方されますが、ビタミンが入った点眼薬が眼精疲労に効果があるようです。

病院によって内服薬ではなくサプリメントをオススメする病院もありますし、サプリメントと同様に漢方をオススメするところもあります。

さらにはアロマを勧めるところもあるようです。

こうしたことを考えてみても、眼精疲労を治すには薬や治療、というのではなく、リラックスさせて緊張を解していこうという考えのほうが主流のようですね。

そうすると、眼精疲労の初期段階であれば、自宅にいても自分でマッサージをしたり、アロマを使ったり、サプリメントを摂取したりするなど、自分で対処をすることも可能だということになります。

眼精疲労だけではなく、頭痛や肩こりといった別の症状も引き起こしているのであれば、きちんと専門医に診せて判断を仰ぐ必要があります。

病院も上手に利用して、眼精疲労になりにくい身体作りをしていきましょう。


このページの先頭へ