眼精疲労の治療方法

眼精疲労の原因は様々ですが、特に原因として多いのは、パソコンの画面などを長時間見続けたことによるものです。

しかし、それだけでは眼精疲労の原因とはなりません

角膜炎、結膜炎といった目の疾患がある場合も眼精疲労を引き起こすことはありますが、こうした目に異変を感じるような場合は、すぐに眼科に行って治療をしてもらえば、眼精疲労の症状自体は緩和に向かうようになるでしょう。

また、睡眠不足や体調が優れない時、疲れが溜まっている時などは、ちょっと目を使っただけでも眼精疲労を引き起こしてしまうことがあります。

これが進むと、肩こりに発展し、睡眠不足を併発させるなどの悪循環になってしまいますので、一度ゆっくり身体を休めるなどして休養をすることをオススメします。

どうしても休めないという場合は、マッサージをしたり、サプリメントを摂取したりするなどして身体に働きかけましょう。

眼精疲労を治療する場合、メガネやコンタクトが原因となっていることがありますので、使っている人はメガネやコンタクトの調整をすることから始めましょう。

またサプリメントなどビタミンB12を摂取するように指導することもあります。

食事やサプリメントで補えるなら薬よりもいいですよね。

眼科に行けば点眼薬が処方されます。

中には目の周りの筋肉を解してくれる作用を持つ点眼薬、ビタミン剤が入った点眼薬があります。

治療といっても、薬を処方されるかアドバイスをしてもらうことがほとんどだと思いますので、自分でも改善できるようにしていく努力も大切です。


このページの先頭へ