漢方で眼精疲労を治療

最近では、眼精疲労を薬などを使って治していくのではなく、身体に影響を与えない方法で治していこうとしている方が結構います。

その主体となるのはサプリメントですが、サプリメントの他に、漢方を使って改善していこうとする方も結構いるようです。

眼精疲労と一言でいっても人によって症状が変わってきます。

例えば頭痛を伴う人、肩こりになる人、めまいやストレスとして症状が出てきてしまう人など、様々です。

こうした症状も合わせて自分に合った方法で改善させていくことが大切となります。

例えば、「六味丸」という漢方がありますが、これは頭がボーっとして集中力が無い時に効果を出します。

また「八味地横丸」は疲れ、冷え症に効果がある漢方です。

「葛根湯」は薬にもなっていますが、風邪に良い漢方です。

この葛根湯と言う漢方ですが、頭痛や肩こりの症状にも効果があります。

眼精疲労では頭痛や肩こりの症状を訴える人が多いため、こうした症状を漢方で改善させようという人もたくさんいます。

しかし漢方を摂取する際には、飲み合わせを気をつけなくてはいけません。

これはサプリメントを摂取する際も同様なのですが、他の薬を飲んでいる場合、その作用に影響する可能性を持っている漢方やサプリメントがあります。

薬ではありませんので身体への影響は少ないのですが、身体を良い方向に持っていく作用があることには変わりありません。

薬の効果とぶつかって作用を消し去ったり、逆に悪影響を出してしまっては意味がありませんから、漢方を飲む際には他に飲んでいる薬やサプリメントなどとの相性に注意する必要があります。


このページの先頭へ