眼精疲労を防ぐ方法

パソコンを使って仕事をしている人だけが眼精疲労になってしまうとは限りません。

眼精疲労対策としてサプリメントを摂取するのも良いのですが、それ以外でも眼精疲労対策はあります。

色々と併用することで、より確実な対策ができると思いますので、ぜひ実践してみてください。

お風呂(湯船)に入ろう

ただ単にお風呂に入るだけではなく、血行を良くすることを目的としてお風呂に入るようにしましょう。

また、血行を良くするには半身浴をするだけでも良いのですが、温冷浴を行ってみてはいかがでしょうか?

湯船につかって、その後冷たいシャワーを浴びる…これをを繰り返すと血行がだんだん良くなってきます。

ただし冷たすぎるシャワーは心臓に刺激を与えてしまいますから、十分に気をてけてくださいね。

質の良い睡眠をとろう

仕事で残業が多かったり、徹夜をしたり、夜遊びに行ったりすると、睡眠不足状態になります。

これが眼精疲労につながることをご存知でしょうか?

眼精疲労を防ぐには睡眠不足を解消することが一番良いのですが、なかなか長い時間睡眠時間を取るのが難しい方もいると思います。

そんな時は、熟睡できるように、つまり質の良い睡眠が取れるようにすることがとても大切です。

睡眠のサイクルは90分と言われていますが、このタイミングに合わせて起きるようにすると、スッキリ目覚めることができ、質が良い睡眠がとれると言われているのです。

したがって、少し短くても90分サイクルの3時間眠った方が、4時間寝るよりも質が良い睡眠だということになります。

もちろん人によって短い時間寝ることに対して身体が合う合わないがあると思いますが、眼精疲労対策としてぜひ心がけるようにしてみてください。


このページの先頭へ