薬が眼精疲労を緩和

眼精疲労は、目に関する症状だけではありません。

目の症状のほかに、肩こりや頭痛といった症状として出てくるこもあります。

眼精疲労は頭痛や肩こりを引き起こすことから市販の頭痛薬を飲む人もいます。

一度くらいならいいと思いますが、毎回、しかも短期間で飲むとなると、頼り過ぎになってしまい危険ですので、症状が続くようで辛いなら、一度お医者さんに相談して適切な薬を処方してもらうようにした方が良いでしょう。

薬で眼精疲労を緩和させるのも考えてみてもいいかもしれません。

このような場合には、肩こりに効く内服薬を処方されるかもしれませんが、一時的なものに過ぎませんので、眼精疲労を元から治すことが大切になります。

また、眼精疲労は、身体の抵抗力を強めて、目の疲れを起こしにくい体質改善をするということも大切です。

そこで重要なのが、漢方やサプリメントなのです。

ただ、サプリメントや漢方と薬は違いますので、一緒にしないように注意が必要です。

漢方やサプリメントはもちろん薬のような即効性はありませんが、身体の内側から徐々に効果を出してきて体質改善をしてくれるので、オススメと言えます。

なお、「眼精疲労かな」と思って眼科に行ってみると、内服薬や点眼薬を処方されます。

点眼薬も種類がたくさんあるのですが、疲れ目に効果を出すということで、ビタミンB12、調節賦活剤等が入っている点眼薬を処方されることが多いようです。

これを点眼することで、目の周りにある筋肉を緊張から解きほぐしてあげて、血行をよくして上げることができるので、眼精疲労に効果を出すことになります。


このページの先頭へ