パソコンを使うと疲れ目・眼精疲労になりやすい?

よく「パソコンを使う職業の人は疲れ目になりやすい」と言われていますが、それはなぜなのでしょうか?

パソコンを使った職業、というと色々ありますが、情報システム系の仕事の場合、残業や徹夜なんていうことも結構ありますし、休日出勤なんていうのもよくあることで、四六時中パソコン漬け、というのも珍しくありません。

したがって長時間パソコンのディスプレイを見ていると、目を酷使することになりますので、疲れが溜まってしまい、目を休めることができなくなります。

その結果、疲れ目や眼精疲労になってしまうということになるのです。

情報システム系の仕事の特徴として、忙しい時期と暇な時期と明確になるので、暇な時期は目を休ませることもできるかもしれませんが、基本的には一日中パソコン漬けといってもよいかもしれません。

そのため、眼精疲労になりやすいのです。

ただ、もちろんその他にも理由はあります。

例えば、冷房がガンガンと効いているマシンルームで仕事をしていたり、目が乾くような環境でパソコンを使っていることも目の疲れの理由として挙げられます。

また、仕事柄、作業にのめり込みやすいというのもあるかもしれませんね。

プログラムを作っていると考え込んでしまい、あっという間に定時時間になっていた、なんてこともざらです。

「トイレに行く時間さえもったいない」と言う時もありますので、そんな状況で仕事をしているわけですから、到底目に良いわけがありません。

しかし仕事をやめるわけにはいきませんので、疲れ目対策をして目の疲れを解消していくしかないのですが、その方法としてサプリメントを使用する方が多いようです。

サプリメントは手軽に摂取できますから、忙しい仕事の人でも続けて摂取することができます。


このページの先頭へ