頭痛

疲れ目・眼精疲労が引き起こす症状のひとつに頭痛があげられます。

それは、長時間同じ姿勢でいることにより首から肩に対しての筋肉が緊張状態になり、血行不良を引き起こし、結果的に頭痛を引き起こすことになるからです。

ですので、「なんだか頭が痛いな」と思ったら、作業をいったん止めて、目を休めるようにし、温かいタオルなどで目を温めてあげましょう。

そうすると目の周りの筋肉の緊張が解れ、頭痛も治まってきます。

また、サプリメントを利用するのもオススメです。

頭痛に効果のあるサプリメント、眼精疲労に効果があるサプリメントがありますので、ぜひ試してみてください。

さらに目の周りのマッサージも目の疲れの緩和にとても役立ちます。

目の周りだけでなく、頭の周り、顔周りも一緒に行うことでより効果的に解すことができます。

マッサージをする際は、指の腹を使い、ギュッギュッと押すのではなく、ギューギューというように優しくゆっくり押すように揉んでみてください。

マッサージをしたら目の周り全体を温めたり、冷たくしたり交互に行うと結構もよくなります。

ただし、マッサージは逆に頭痛を悪化させることもあります。

それはどういうことかというと、緊張が解れることで脈打つような感じで頭が痛くなる人がいるのです。

自分がマッサージして大丈夫かどうか見極めて使うようにしてください。

また、片頭痛を引き起こした場合はこうしたマッサージはあまり意味がありません。

逆に「寝ないと治らない」とか、「身体を動かすと気持ち悪いくらい痛い」などとなってしまいます。

これは、ある程度時間が経たないと治りませんので、症状が酷くなる前に薬を飲むと良いでしょう。

こうした頭痛薬も市販されたものよりも、一度医者に見せて処方してもらうことをオススメします。


このページの先頭へ