ブルーベリーで疲れ目・眼精疲労を予防

ブルーベリーは、疲れ目・眼精疲労に効果があるといわれています。

ブルーベリーを使ったサプリメントもたくさん発売されており、多くの方が眼精疲労の解消のために、このブルーベリーサプリメントを摂取しているようです。

ブルーベリーの中にはアントシアニンと呼ばれる栄養素が含まれていて、このアントシアニンが目に良いと言われているのです。

人間の目は、光として物体を認識し、網膜に映し出していますが、網膜には「ロドプシン」と呼ばれる色素があり、合成を繰り返しています。

この合成を繰り返すためアントシアニンの力が必要になります。

このロドプシンの働きが悪くなれば、視力低下やかすみと言った眼精疲労の症状が出てきやすくなります。

したがって、アントシアニンが必要なのです。

また、ブルーベリーは300種類以上も品種があると言われています。

その中に「ビルベリー」という種類のブルーベリーにアントシアニンが多く含まれていることがわかっています。

アントシアニンの量は通常のブルーベリーの倍量といわれています。

実はもちろんのこと、皮にもこのアントシアニンが含まれています。

更にはブルーベリーには「ポリフェノール」が含まれていますが、このポリフェノールは老化防止、ガン予防に効果があり、抗酸化作用もあります。

アンチエイジングや健康、眼精疲労など…こんなにたくさんの症状に効果があるブルーベリーはまさに良いことだらけの果実ですね。

ただ、生で普通に食べるのは大変なので、サプリメントで摂取する方が早いかもしれません。


このページの先頭へ