サプリメントは薬?

サプリメントというと、薬と同じものだと思っている方は多いかもしれません。

現代は眼精疲労対策としてサプリメントを摂取している方が増えてきています。

サプリメントは手軽に摂取できますので、忙しい方にとってはうってつけの物といえるかもしれませんが、サプリメントを継続的に摂取することに対して抵抗を感じる方もいます。

「サプリメントを飲みつづけると、副作用が出てくるのではないか」と心配する方もいます。

そこで、誤解を解くためにもサプリメントについてご説明します。

サプリメントとは、ある栄養素が凝縮されている食品であり、その栄養素によって体質改善をしていこうというものですので、薬ではありません。

身体の健康というのは色々な栄養素や要素があって成り立っていますが、そこで身体に不足している栄養素を補うためにサプリメントを摂取するということなのです。

現在、色々な種類のサプリメントが発売されていますが、栄養素だけをうたっているものや、症状別、目的別に挙げているものなど色々ありますので、上手に使い分ける必要があります。

しかし、いくらサプリメントは薬ではないといっても、医薬品の作用に影響してしまうサプリメントというものもありますので、身体に良くて副作用も無いからサプリメントは安心だと信じこんではいけません!

今自分が飲んでいる薬との組み合わせにも注意しながらサプリメントを摂取しなくてはいけませんので、サプリメントを摂取する際は、医師に相談して摂取するようにしましょう。

また、中には色々な種類の栄養素を組み合わせているタイプのサプリメントもありますから、見てみてはいかがでしょうか?

特に、疲れ目・眼精疲労に効果があるのはブルーベリーのサプリメントです。


このページの先頭へ