サプリメントと日常生活で眼精疲労を予防!

ルテインと呼ばれる栄養素は、疲れ目やドライアイの症状を軽減させる効果があります。

このルテインは、ホウレン草やブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜にたくさん含まれている栄養素で、網膜全体にあります。

ルテインは目の網膜自体を保護したり、水晶体の機能を促し目の黄斑部を守ります。

しかしながらルテインは体内で生成されることはありませんので、食材やサプリメントから補給しなければなりません。

また、眼精疲労に効果がある栄養素としてはアントシアニンがあります。

これはブルーベリーやカシスに含まれているといわれており、ポリフェノールの種類の物です。

その他DHAやベータカロテンという栄養素もあり、これは人参、ホウレン草、春菊などの野菜に含まれています。

そしてビタミン類なども目の疲れやドライアイに良いと言われており、摂取不足にならないよう気をつけたいものですが、ただし、これらの栄養素を過剰に摂取しすぎるのはやめましょう。

多く摂取したら良くなるスピードも速いと思ったら実は間違いなのです。

食材やサプリメントなどから栄養素を摂取して、疲れ目を良くしていこうと思うのはよいのですが、日常生活においても目を酷使するようなことを控えるとか、もし控えられないようだったらマッサージをしたりするなど、色々な予防や対策をするように心がけましょう。

こうした予防や対策をしても眼精疲労の症状が良くならないようであれば、もしかしたら単なる目の疲れではなく、別の病気かもしれませんので、一度眼科に行って専門家に診てもらうことをおすすめします。


このページの先頭へ