疲れ目・眼精疲労を防ぐ身体作り

疲れ目・眼精疲労になるのは仕方がない、と思ってはいませんか?

決してそうではありません!

目が疲れにくい身体作りをすることが大事なのです。

たとえば肩こりに悩んでいる人や身体をあまり動かさない人は、身体の血流が悪くなっていることが疲れ目の原因と考えられます。

このように血行が悪いことが原因で疲れ目になったと思っている方は、ゆっくり半身浴をするなどして血行を良くすることを心がけてみましょう。

これを続けることで、疲れ目・眼精疲労が解消するだけではなく、肩こりや頭痛も解消できるかもしれません。

眼精疲労になる原因は色々ありますし、その原因によって改善方法(サプリメントを摂取することや運動、お風呂、食事改善など)を行うようにすれば、眼精疲労を緩和できる可能性は大いにあります。

また、サプリメントについては、疲れ目・眼精疲労になりにくい身体を作るためのサポート的な感覚で使用してみましょう。

よく疲れ目に効くのはブルーベリーだといわれています。

そのブルーベリーを使ったサプリメントは、多く販売されていていますし、手軽に眼精疲労対策ができるようになっています。

この他、眼精疲労だけではなく、目全体に効果がある成分は、「ビタミンA」といわれています。

ビタミンAは、視力低下を防ぎ、粘膜の健康も保つような成分がありますので、目の疲れに悩んでいる方にはビタミンAを摂取すると効果的です。

ビタミンAは食品からでも摂取できますが、手軽にサプリメントで摂取している方も多いようです。


このページの先頭へ