眼精疲労は目薬だけでは治りません!

眼精疲労 目薬

もしも眼精疲労になってしまったら、目薬をさすだけでは治らないと思います。

それどころか、ドライアイや頭痛、肩こりなどの別な症状も併発させる可能性もありますので、パソコンでの作業自体ができなくなってしまうかもしれません。

そうなると仕事ができなくなり、困る人もたくさんいるのではないでしょうか?

ですから、そうなる前に早めの対策を取るようにして、事前に疲れ目・眼精疲労をしっかりと予防しましょう。

当たり前のようにパソコンを使う時代になってから、「目が疲れた」とか「目が痛い」と訴える人が増えてきたように思います。

「パソコンを使う仕事をするようになってから視力が低下した」とか、「目が疲れやすくなった」「目が痛い」と感じる人は9割以上にものぼっているということで、眼精疲労になる手前の人も含めると、相当な人数がいると思われます。

目が痛いからと言って眼科に行っても、ビタミンが入った目薬が処方され、しっかり睡眠を取るようにと言われるでしょう。

実際こうしたアドバイスをされて終わりで、本格的に治療をされるということはあまり無いようです。

目薬をさしてアドバイス通り睡眠を取って良くなるならよいのですが、慢性的な眼精疲労の場合はその場しのぎにしかならないでしょう。

それならば、自分でも眼精疲労が良くなるように努力をしなければなりません。

まずは目の周りの血行を良くさせるために、温かいタオルと冷たいタオルを使って血行をよくしてみましょう。

さらに、サプリメントを摂取して目に良い栄養を補給してあげるのも良いでしょう。

眼精疲労に効果のある栄養はたくさんありますから、その栄養素をバランスよく効果的に摂取するなら、サプリメントで摂取した方が手軽でしかも長続きすると思います。

当サイトでは、目の疲れに効くサプリメントを紹介していますので、眼精疲労でお悩みの方は、ぜひ参考になさってください。


このページの先頭へ